店員さんに“おっ”と
思わせるオーダー

こんなことをオーダーすると店員さんにおっと思われる!

こだわりのオーダー用語

本切羽(本開き)

実際に袖口が開閉します。切羽とは日本刀の鍔(柄や鞘に接する部分)の両面に添える薄い楕円形の金物のこと。

くるみボタン

釦(ボタン)をスーツ地と同じ生地で包んだもの。フォーマルなどで良くつかわれることが多い。

ボタン鳥足付け

鳥の足に似ていることから「鳥足付け」。ザンパ縫い(イタリア語で「ザンパ・ディ・ガリーナ」からすの足跡)という呼び方もあるそうです。

バルカポケット

胸ポケットの底が船底のように湾曲しているもので、胸のシルエットを立体的に見せる効果がある。イタリア語でバルカ(barca)は小さな船、ボートの意味。イタリアンクラシコのスタイルと相性が良い。

もっとい(襟穴)

職人が襟穴を手作業で縫う高級仕立て。元結(もとゆい・・・もっとい、水引)を用いる、日本ならではの職人の技。

継ぎ台場

内ポケットを補強するためのもの。また、内ポケットを崩さなくても裏地を取り換えることができるように。という職人の一工夫でもあり高級な仕様とされています。

本台場

継ぎ台場に対して本台場は表地をそのまま裏へもってくるので、より贅沢で高級な仕立てとされています。

襟ひげ

上襟の裏側に台形状に表地を返してある部分。上襟を伸ばすことができサイズ調節をすることが可能。

チェンジポケット

英国で小銭(change)を入れるために用いていたものの名残。英国スタイルの代表的なデザインの一つでもあります。

エルボーパッチ

狩猟の名残で、銃を構える際に肘をつくため、補強の為につけられたもの。今はデザイン(装飾)の意味でつけられるものが多い。

Dカン留め

ポケットの端を補強するためのもので、かんぬき留めがDの形になっているもの。

ピンループ

ベルトのバックルのピンを通し、バックルの位置がずれるのを防ぐためのもの。バックルループとも呼びます。

パンチェリーナ

イタリア語で「腹巻き」の意味。腹部をしっかりと固定させます。

Lポケット

L字型のポケット。カジュアルなズボン(ジーパン等)などによくあるポケット。

リアスバケット

後ろのVスリットにより力が分散され強度が増します。

かぶら

スラックスの裾の折り返しの部分。現在は3.5~4.0cmが主流とされています。

スーツに関する豆知識

袖口が実際に開く理由

イギリスではジャケットが上着、シャツは下着であるという着こなしのルールがあります。つまり、ジャケットを脱いでシャツ姿でいることは下着姿でいることとなってしまうのですが・・・しかし、どうしても上着の袖口が邪魔になってしまう職業がありました。別名「ドクタースタイル」とも言われているように、その職業とは「お医者さん」。 診察や手術のときに着こなしのルールを崩すことなく仕事をこなせるように、袖口を開け捲りあげられるようにしたのが本切羽の由来だそうです。

スラックスのダブル

スーツスタイルではシングルがフォーマルとされ冠婚葬祭の場ではダブルのスラックスはタブーとされています。
20世紀初めに英国のある貴族が、ニューヨークで行われた結婚式に参列する途中雨に遭い、スラックスの裾が汚れないように折り曲げ、そのまま会場へ・・・。それを見た周りの人々が新しいファッションと勘違いし、それを真似た事が始まりといわれているそうです。

袖裏のストライプ

スーツの袖をめくってみるとよく縦ストライプの裏地が付いていることがあります。
袖の裏地は脱ぎ着のために最も磨耗しやすい部分であり、そのため通常より強い裏地を必要とします。磨耗の方向は常に袖の出し入れだけですので、縦糸だけ強い裏地を使用すれば良い。という理由から袖の裏地には縦糸の強い裏地が使われるようになり、縦と横の間違いをなくすためにストライプ柄が多く使用されるようになったようです。