ジャケパンを学ぼう

ジャケット&パンツをもっと知ろう

ジャケットはカジュアルで着用する人を多く見かけますが、ビジネスで着用する方も徐々に増えてきています。オシャレに着こなせば、遊びや仕事で場所を問わず、個性を十分にアピールできるアイテムとしてファッションの幅が広がります。

ジャケットの種類

ジャケットの種類は大変多く、目的、用途、デザイン等によって、分類の仕方も多様です。
シューティングジャケット、アイビージャケット、シャツジャケット、ハッキングジャケット、バトルジャケット、バラクーダ、スポーツジャケット、ハンティングジャケット、フィッシュングジャケット、ブレザーなどがあります。
ビジネスシーンで一般的なジャケットスタイルとして用いられるのがブレザーといわれるネイビー色のジャケットです。

  • 胸ポケットエンブレム
  • シングル・ダブル
  • 金属製のボタン

形はテーラード型
耐久性のある生地を使い
ディテールでは金属の釦やパッチポケットなどがあります。

ビジネススタイル

職場によっては、ビジネススーツだけでなく、ジャケット+パンツという組み合わせでの通勤・勤務が可能な企業がふえています。曜日によって「カジュアルデー」を設けている職場もありますが、カジュアルになりすぎないのがポイントです。個性を出しながらも、仕事場にふさわしい節度と清潔感を保ったジャケット&パンツを着こなしておしゃれを楽しみたいものです。

おすすめジャケットは、ネイビージャケット

ジャケット&パンツは、色や素材の合わせ方を間違えると、ミスマッチになってしまうので、注意が必要です。上が無地の紺だと、下にサマーウール素材のグレー系や、コットンならベージュ系、また柄物なら遠目からは無地に見える細ストライプなどを持ってくると失敗が少なく、バランスが取れます。

<コーディネイト>
・白、ブルー系のドレスシャツ(衿腰の高いシャツ)
・ひも付きのシューズ
・タイドアップ
・グレー系のウールパンツ

<注意点>
・モード系の黒ジャケットNG
・ローファー、スリッポンNG
・カットソー、ポロNG
・リネン系の甘めな素材NG

<定番的な着こなし>
ネイビージャケット+グレーパンツ


カジュアルスタイル

世の中には様々なファッションがあり、それぞれ色々な着こなし方がありますが、コンサバなスタイルを目指すならカジュアルもテーラードジャケットを軸にした着こなしがお薦めです。

カジュアルジャケットはバランスが大事

休日用のカジュアルジャケットは素材や色、柄にこだわる。麻、コットン、ツイードやコーデュロイ、ベロア素材がおすすめ。高品質のものを選ぶことが大人の男の格を印象づけます。色はミディアムカラーで、ストライプやチェックなどの柄入りもOK

<コーディネイト>
・白、ブルー系、柄物のシャツ
・ローファー、スリッポン
・デニム、コットンパンツ
・V、Uのカットソー

<注意点>
・素材選び
・カジュアルジャケットでも きっちり着る

<定番的な着こなし>
英国柄チェック+シロパン