オーダースーツ用語集

オーダースーツ用語集

スーツの副素材

芯・芯地

服の形や生地にハリを持たせる、型崩れを防ぐ、きれいなシルエットを作るなど様々な目的で、表地と一体となってつかわれる副素材で、芯自体の構成や形、原料には様々なものがある。

本パス芯(パス芯)

馬の尻尾の毛を使用した芯の事。ハリが強く型崩れしにくい。英国的なパリッとしたスーツに合うもっとも本格的な芯とされる。現在では、馬のたてがみを使用することもあるが、尻尾の毛ほどの張りはない。

毛芯

芯地には多様な原料が使用されるが、一般に「毛」とされる獣毛「羊毛・モヘアなど」を使用している芯地の事、これに馬の尻尾の毛が使用されていればパス芯となる。綿や麻、合成繊維と交織にして使用することもある。

フェルト芯

フェルト地を使用した芯の事。襟芯(地襟部分)に使われる事が多い。伸縮方向が自由なため加工しやすいというメリットがある。

襟芯

前身部分の襟に使用する芯は、硬くハリが強いもの(麻芯など)を使用することが多い。

エラスティック芯

ストレッチ素材や柔らかいスーツの増加に伴って開発された伸縮性の芯。

接着芯

芯の片面あるいは両面に熱を加えると溶け出す合成樹脂系接着剤を塗布した芯地の事。プレスする事で表生地と張り合わせが可能なため、効率が良く軽い服を仕立てるのに向いている。一方で表生地との相性や加熱不足による接着不良などの問題もある。

増し芯

スーツの型崩れを防いだり、補強のために入れる芯。

袋布

ポケットにする布のこと。生成り(やや黄色味)の綿素材が使われる事が多い。

パット

肩線をキレイに見せる為の肩の土台の事で「肩台」とも呼ばれる。合繊系の不織布を使うことも多い。様々な厚さのものがあり薄ければナチュラルショルダー的な仕上がりになる。体型により左右で厚さを変える事もある。

垂れ綿

袖付部分(肩)の丸みやふくらみを出す為に付けられる綿状の柔らかい材料で、袖付前には肩から綿が垂れている様に見えることからこう呼ばれるらしい。

胴裏

身頃についている裏地。ベストの指図「背裏同裏」はベストの背中の裏地をスーツの裏地と同じにという意味で「同裏」なので勘違いしないよう。

腰裏

ズボンの腰部分の裏地の総称。

袖裏

袖の滑りを良くする為につける裏地で、なぜかストライプの裏地を使うことが多い。

裏地

キュプラ
綿の産毛を溶かして再生した天然素材で、非常に滑りが良く、ポリエステルよりも体感温度が低く蒸れにくく、静電気も起きにくい等の特徴がある。国内では、旭化成のみが生産している。

ポリエステル
石油から作られる合成繊維。裏地としても非常にポピュラー。

アルパカ
合成繊維が作られる前には、裏地として使われていた。今でもこだわりのお客様が注文される事があるが、現在は生産量が少なく入手が困難。

テープ

縫製の現場では非常によく使われる平織りでひも状の極薄の布。縫製部分のビリ付きを出さない、表生地の伸びを防止するなど様々な目的で使用される。

しつけ糸

仮縫い・しつけ・仮止めなど様々なシーンで使われることのある木綿の比較的太い糸のこと。「白糸(しろも)」ともいう。

穴糸

ボタン穴のかがりやループに用いる太めの3本撚りの糸。

羽二糸(はぶいと)

3本撚りの絹ミシン糸。

白縫い糸

まつり縫い等に使う2本撚りの糸。

スーツの品質って?

スーツは、表生地、副素材・縫製とスタイルで出来ている。価格設定が自由であればお客様の希望と店舗のこだわりで、とことん良いものを作る事が可能である。それが実際に20、30万という価格になると、購入できるひとはごくわずかになってしまう。お客さまにとって最大の価値を数千、数万通りの中から選び出し、提案することが大切である。本当に品質の良いスーツとは、表生地、副素材・縫製とスタイルのバランスが取れており、さらに、世の中の平均よりも明らかに上質で、価格以上の価値のあるスーツではないだろうか。