どんな生地があるの?

どんな生地があるの?

CERRUTI(チェルーティ)

チェルーティは1881年、イタリアのビエラにて設立されました。当初はイタリアの綿工場でした。ウールや綿を取り扱っていたファミリー企業がイタリアのファッションブランドに変わったのは、3代目、ニノ・チェルーティ(Nino Cerruti)が社長に就任したときです。195年ニノ・チェルーティは若くして亡くなった父の後を継ぐ形で、20歳にしてファミリーの企業を背負うことになりました。

しかしここからチェルーティの改革が始まるのです。ニノ・チェルーティはこれまで培った高級生地の生産ノウハウを生かして、50年代半ばアパレル製品の生産に乗り出します。そして、1957年、ミラノコレクションにてメンズウェアを発表。ブランド名は「ヒットマン:Hitman」でした。

この時のチェルーティが行った、自身のブランド内で製造から完成品に仕上げるまでを一貫して行うという手法は、当事のファッション業界の仕組みを考えると革命的なことでした。(当事はデザインと製造は分離していました。)

チェルーティのコレクションは高級生地を使用、クラシカルかつカジュアルなテーラードスタイルで、メンズウェアのスーツの分野では一躍、トップの地位にまで登りつめました。チェルーティの生地の肌触り、感触は世界を魅了し、ファッションショーの最後には決まって黄色いニットを肩にかけて出てくることで話題となりました。

1965年、ニノは消費者の求めるデザイン・素材に詳しいアルマーニの才能を見出してスカウト、「ヒットマン」のデザイナーとして、70年までチェルーティでメンズウェアをデザインしました。(バイヤー出身のアルマーニは当事ファッションデザイナーの経験がなかったためニノはある意味アルマーニのファッションにおける育ての親と言えます。)

1967年にブランド「チェルーティ」を発表、この年、初めてのショップをパリにオープン。このとき、ファッションの最先端を、ということを考慮して経営の拠点をパリに移します。(生産の拠点はイタリアに残す)68年レディースウェアコレクションを発表。

ブランドは着実に成長し、チェルーティはより求めやすいラインの「Cerruti 1881」、高級ラインの「Cerruti Arte」 、 ジーンズラインの「Cerruti Jeans」、メンズコレクションの「the Cerruti Brothers」その他、香水、アクセサリーラインを展開しました。その後、ブランドを再編、現在はチェルーティ1881の中にグレイライン(高級)、コバルト(セカンドライン)、オレンジ(スポーティ)のレーベルがあります。

ニノ・チェルーティは映画の衣装協力も積極的におこない、「プリティウーマン」「イーストウィックの魔女たち」「フィラデルフィア」などでチェルーティのデザインした服が使用されました。

1996年から数年間デザインディレクターとして現在では自身のブランド「ナルシソ・ロドリゲス」をもつナルシソ・ロドリゲスが在籍していました。

2000年10月にグローバルでの事業拡大を目的とした資金調達のためイタリアのFin.partに株式の51%を売却(ブランドはFin.partに買収されるかたちになる)しました。その後、ニノチェルーティはブランドの方針をめぐって対立し、残りの株式を売却せざるを得ない状況に陥ります。2002年S/Sコレクションにてニノ・チェルーティは自身が50年に渡って築き上げたブランドを去り、こうしてチェルーティ一族からブランドは完全に離れる形となったのです。

その後の数年間はコロンビア出身のDavid Cardona、バーバリーでデザイナーをしていたロベルト・メニケッティ、ダナ・キャランでキャリアを積んだIstvan Francerがデザイナーを担当するが、定着しないままデザイナーの交代が繰り返されます。

2005年、Fin.partが破産。2006年にチェルーティ(Cerruti)をプライベート投資ファンドのMatlinPattersonに売却される。この時の売却金額は明らかにされていません。CEOにチェルーティで弁護士を担当していた、Philippe Cleachが就任します。

2006年、MatlinPattersonはクリエイティブディレクターとしてディオールオムでキャリアを積んだニコラ・アンドレア・タラリスを指名、しかし1年後の2007年に辞任。新デザイナーにはジャン・ポール・ノットが就任しました。

現在でもウールのスーツが世界中で愛され、日本ではチェルーティ1881のラインの中でもジャケット、紳士服系(スーツ、ジャケット、ネクタイなど)、バッグ、香水などが人気です。